経皮毒のデメリット

経皮毒のデメリット

昔と比べると、最近は環境も悪くなっていますし、日本人でも食生活が偏ってしまっている人が多くなりました。
ですので、体の中に一切の有害物質を入れないようにするということは非常に困難といえるでしょう。どのような経緯で有害物質が体の中に入り込んでしまうのでしょうか?

 

経気道吸収
殺虫剤や副流煙、ダイオキシンのように待機中を漂っている有害物質を吸い込んでしまう毒のことを指しています。

 

経口吸収
食べ物に使われている添加物などのように口から入り込んでくる毒素のことを指しています。

 

経皮吸収
口や花などからではなく、洗剤やシャンプーーなどのように毛穴から入り込むものを意味しています。普段の食事には気をつけるようにしていたいとしても、毛穴などから含まれてしまっているということもあるのです。

 

体の中にはリンパ管と言われるものがあるのですが、老廃物やリンパ管が蓄積されてしまうと、差mざまな病気を引き起こしやすくなるとされています。リンパ液にしても血液にしても、最終的には、心臓に送られることになります。

 

ただ、血液とリンパでは流れている物の種類も違っています。例えば、血液が多いだけなのであれば、マッサージなどで循環していくこともできるのですが、これはリンパ液というのは流れがとても遅いということが分かるかと思います。

 

このリンパの流れが悪くなってしまうと、リンパ機も滞るようになります。その結果、首なdの周りが張ってしまっていあり、血行もあくなってしまいます。ですから、普段からデトックスを地籟するといったお方法を行うようにしていかなくてはなりません。